大好評修理屋日記はこちら➡

© 2018 by Klang Company. 

about Klang

代表取締役社長 佐藤智幸

 

秋田県湯沢市出身。1976年(昭和51年)生まれ。
小学校でユーフォ、中学校でトロンボーン・チューバを経験し、高校からテナーサックスを始める。


高校卒業後はヤマハテクニカルアカデミーに進み、その後楽器店にて修理・営業職を経験。

この頃に一般団体に所属し、アルトサックスに転向。


また、後にCADESON国内輸入発売元、㈱中島楽器に勤務し、専任修理を長年務め、CADESONサックス・トランペットの国内での調整・検品を担当。
また、東京都内や近郊の数多くのプロミュージシャンの修理を手掛ける。

2012年 10月、家族とともに秋田市に移り管楽器修理工房Klangをオープンさせる。
2015年 9月、現在の住所(秋田市上北手)に工房を新築・移転。店舗としての機能も加わって、リニューアルオープンした。

2018年 1月より、㈱Klang設立​

なーんて、少し硬いプロフィールを書いていますが、当人はとても親しみやすいタイプの人間だと勝手に思っております。楽器のこと、音楽のこと、お笑いのネタなどの話も大好きです。
御来店の際はお気軽に話しかけてください♪

 

当店は秋田県秋田市に、2012年10月にオープンした管楽器・打楽器専門の修理工房です。
Klangとはドイツ語で「音、響き」などを意味する言葉です。楽器において最も大事なこの要素を、最大限引き出す修理・調整を心掛けております。
当方は、長年管楽器輸入販売元で修理・調整を実践してきた経験から、様々な症状の修理を手掛けてまいりました。その経験をこの度地元秋田で発揮したく、秋田市に修理工房を開業いたしました。
管楽器修理・調整でお困りの方に、様々なご提案ができます。特に当店ではオーバーホールなどの再生修理、メッキ修理などの経験も豊富です。マウスピースや管体のメッキなど、一味違った仕様を求められているユーザーの要求にもお答え致します。
また、ビンテージサックスの修理なども数多く手掛けてきたので、キイの再生(キイが溶けて穴やピンホールなどができた)などもご相談に乗ることができます。修理をあきらめていた方もぜひお問い合わせください。
皆様のお持ちの楽器の眠っていた性能をを最大限に引き出し、より一層楽しい管楽器ライフのお手伝いをさせていただきます。
ご来店お待ちしております。

 代表・技術者紹介 

 

会社情報

会社名:株式会社Klang(カブシキガイシャクラング)

本社所在地:〒010-1406 秋田県秋田市上北手猿田字四ツ小屋110-9

代表取締役:佐藤智幸

創立年月:2018年1月

TEL 018-839-4232

HPアドレス http://klangbrass.net/

ブログアドレス http://klangbrass.blog.fc2.com

​メールアドレス klangbrass@gmail.com

(メール問い合わせは別のページからお願いします。)